盗聴器の種類


あさがを右 あさがを左
まさか、盗聴?と思ったら...
電話マーク 042-771-2971 
メールフォーム

盗聴・盗撮

盗聴・盗撮

電話番号 042-771-2971
メールフォーム

盗聴百態

▽次へ

様々な盗聴器


 盗聴器には色々なものがあります。その分け方も様々です

集音方法の違いにより


・電話盗聴器(FAX盗聴)

 室内外の電話回線に盗聴器を取り付け、回線内を通るアナログ音声を電波として発信するものです。回線内の電流を拾うので、マイクはありません。電話線フューズ管やマンションのMDF、電線中の端子間になど、戸外にも仕掛けることが出来ます。電話だけでなく、FAXについてもアナログ波であれば、盗聴できます、しかし、電話が通話状態でなければ、盗聴は行われません。

・室内盗聴器

 聞きたい音を直接マイクで集音するので、どこにでも設置可能です。ただし、話してる人間との距離や、周囲の雑音によっては、音声が劣化します。常にスイッチオンの物と、音が発生した時にのみスイッチオンとなる物(VOXタイプ)があります。

・追跡機

 音声を盗聴するのではなく、居場所を特定するために電波を発信する物です。本人の持ち物に忍び込ませる場合もありますが、一般には車両に磁石などで取り付けて車両追跡機として使用します。


また、電気製品である以上、電源が供給されなくては作動しません。電源によって

・電池式

 内蔵電池により作動する物ですが、電池が切れれば当然停止します。通常は連続稼働1週間程度です。1週間毎に電池交換が必要なので、身内の犯行の場合が多いです。

・電源供給式

 2、3股コンセントやタップの中に設置された物。コンセントに差し込んでいれば、常に電源が供給されるため、壊れるか、取り外されるかされるまで、作動は半永久的。電話盗聴も電話回線に流れる電流を用いているため、この部類に入ります。特殊な例として、電化製品内に取り付ける物もあります。


外見上

・ボックスタイプ

 文字通り、四角い箱形の物。通常色は黒や灰色で、大きさは100円ライター大からその半分程度。
見れば、「いかにも・・・」という感じの物なので、通常見つからない様に設置します。電話ローゼット壁裏取り付けタイプ、MDF、100Vコンセント壁裏取り付けタイプ、車両追跡機なども通上このタイプに入ります。また、名刺サイズのカードタイプというのもあります。

ボックス型 クリップ式カード型
(寸法は参考)

・偽装型

 これは、被盗聴者に見られても怪しまれないように、何か他の物の形をした物。2、3股コンセント、タップ、電話の分岐(中継)モジュラーの他、ペン型、電卓型、卓上時計型などがあります。被盗聴者の目の前にあっても気が付かれないため、非常に鮮明な盗聴音を取られることもあります。

電卓型置き時計型ペン型
モジュラー型コンセント型


 

電話盗聴


 盗聴の王道? 電話盗聴

 盗聴器の最も歴史が古くポピュラーなもののひとつは、電話回線に取り付けられた盗聴器でしょう。室内盗聴器の場合、マイクと音源(話す人の口)との距離は遠く、どうしてもその音質は悪くなってしまうものです。それに比べ、電話盗聴の場合、マイクと口の距離はせいぜい10cm程度です。いつでも条件によらず、非常にクリアな音が捕れるのです。
 また、遠距離との連絡の方法が、郵便から電話に移ってからは、「連絡ください」といえば、電話のことでした。従って、電話からは非常に重要な情報を得ることが出来るのです。また、電話回線につなぐので、そこから電源を取り、取り外されるか壊れるまで半永久的に使えてしまうのです。
 しかし、電話盗聴にも欠点があります。電話機を含め、電話線の途中にしか仕仕掛けることが出来ません。しかし、取り付け場所は電話線引き込みのヒューズやマンションのMDF(各戸の電話線が集中している所)等の様に、戸外にも出来てしまいます。
 また、当たり前ですが、電話をしていなければ聞かれることはありません。とは言っても、会議室・応接間、一般家庭なら居間や寝室以外の場所では、電話の話し声の方が多いんじゃないでしょうか?



 「連絡」の多くがFAX、インターネット(Eメール)、携帯電話と移り変わってきていても、やはり、電話盗聴は多く用いられており、私達の脅威となっているのです。

 

 コードレス・フォンの子機の恐ろしさ


 私の「調査」を受けたことがある方なら、耳にたこが出来るほど聞かされた言葉だと思いますが、「コードレス・フォンの子機の電波は誰でもが聞くことの出来る、いわばラジオ局のようなもの」という事実。
 知ってる人からすると「誰でも知ってるんじゃない」と言われますが、実際にこのことを知っている人は十人中、せいぜい1〜2人。女性の場合、皆無です。知らないのが普通です。



 でも、これからは気をつけてください。調査の時などにデモンストレーションで聴かれた方には良くおわかりのことと思いますが、アマチュア無線機さえあれば、誰でも簡単に聴けてしまうのです。

 

 携帯電話・PHS、ISDNは安全か

 キーワードは「アナログ」と「デジタル」。アナログは簡単に盗聴できます。デジタルは盗聴はまず不可能と覚えてください。



 一般の電話回線も、コードレス・フォンの電波のほとんどもアナログです。携帯電話も当初はアナログでした。あのバカでかい、自動車電話といわれていた頃です。
しかし、最近のものは100%デジタルになっています。従って、携帯電話・PHSは今のところ盗聴不可能です。安全です。



 ISDNもデジタルです。これは、TA(ターミナル・アダプタ)と呼ばれる機械でアナログ音声をデジタル化して送信しているものです。このデジタル音声は盗聴不可能です。でも、TAから電話機の間、電話機自体はアナログですので、この間に盗聴器を仕掛けられれば盗聴されてしまいます。



 
△前へ|▽次へ|▲トップへ

室内盗聴


 電話盗聴と違い、どこにでも仕掛けられる室内盗聴器。


 電源供給型はある程度限られますが、電池式なら仕掛けられない所の方が少ないくらいです。いや、隠さなくても、偽装型のものなら、被害者の目に見えていても、気が付かれないことがほとんどです。
 仕掛けられる可能性が少ないところと言えば、家具の裏など音の聞こえにくい所、洗濯機など、大きな音のする所。
TVなども、仕掛けても聞こえるのはTVの音ばかりとなりかねないので可能性は小さくなります。


 とはいえ、マイクもより高感度になり、天井裏やぬいぐるみの中など、奴らの隠しそうな所は無限です。勿論室外(例えば車両)も可能性はゼロではありません。探すべき所は非常に広範囲。それが素人さんでは見つけだせにくい所以です



 
△前へ|▲トップへ

車両盗聴/追跡機


 車の中に盗聴器が仕掛けられることは意外に多いのです。
盗聴に注意深い人など、わざわざ車の中を選んで密談をする人も・・・。 でも、奴らは安心したところを狙ってくるのです。



 そして、盗聴器と同様、行動を監視するために奴らの採る方法が、車両追跡機。
元々は、子供や老人の行方不明防止、営業マンのさぼり監視などの目的で作られたp-doco? NTT-docomoの電波を利用して居場所を追いかけるものですが、これが車に仕掛けられていたという依頼者もいました。
 さらに、強力な車両追跡機。磁石で車両に取り付けるものですが、結構高価なだけあって、かなり強力な電波を送信します。尤もここまで使うのは、かなりのめり込んだストーカーか探偵か・・・。

p-doco? p-doco?-mini車両追跡機
▲トップへ